【シャープペン】スマッシュを購入したのでレビュー

スマッシュ1

購入までの経緯

Amazonでベストセラー1位の ぺんてる シャープペン スマッシュ を購入しました。

特に用もなく東急ハンズに寄ったところ、シャーペンのコーナーを発見してしまいその場でおすすめのシャーペンを検索して上から順に試してきました。

どうやら人気のシャーペンは製図用が多いらしく、今回購入したものは製図用を普段使い用に改良したものらしいです。
割りとたくさんの種類があったので満足するまで見ることができました。

最後まで悩んだのは今回の「スマッシュ」と ステッドラーの「シルバーシリーズ 925」でした。
ステッドラーは耳にしたことがありませんがドイツの筆記用具会社で有名らしいですね。

この2つを比べたところ、ステッドラーのほうでは握る部分が金属製だったのでなかなか良い感触だったのですが、金属製故に少し重いのです。

長時間握るとなるとやはり軽めの方がいいかと考え、軽くて握りやすかったぺんてるの方を選びました。

ということで、購入したぺんてるの方をレビューしてみたいと思います。
(まあ、そんな大層なことは書けないのですが。。。)

芯の硬度表示を変えられるギミック

スマッシュ8

なんと本体を回して、持ち手の部分をずらすと硬度表示の窓を自分の使っている芯に合わせられます!

今まで使ってきたシャーペンは硬度が書いてない、あったとしてもプリントされているものでしたが、「スマッシュ」は自分で変えることができます。

握りやすいグリップ

スマッシュ7

見た目が特徴的なのはこのグリップだと思います。

6列に並んでいるボコボコしたものが握った時に凹みます。

凹むのもすべてが同じように凹むのではなく、あるものは完全に凹み、あるものは途中で止まるといった凹み方をするので、手によくフィットします。

横から見ながらポチポチ押すのが地味に楽しいですよ。

長時間でも疲れない重さ

スマッシュ2

プラスチックでできているため、本体は軽いです。

プラスチック製ですが表面にざらざらする加工が施されているらしく、意外と安っぽさはありません。

まとめ

予算1000円であまり安っぽくなく使いやすいシャーペンが欲しいという方にはピッタリだと思います。

軽く手にフィットするので、長時間握っていても疲れません。

英検など試験対策をしている方におすすめだと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)