DMM英会話 【中級】日常会話02

DMM英会話でレベル別教材【中級】の授業を受けたのでレッスンのレビュー・感想を含めてブログで復習したいと思います。

今回はLesson 02: Cleaning Upです。

レッスンの流れと感想

前々回と同じM先生の予定が空いていたので、早速予約しました。

まずは挨拶で、ないすとぅー みーちゅーで通じるやろ^q^と考えていたのですが、そんなことありませんでした。

Nice to meet you.は初対面の人に対して使う挨拶で、すでに面識がある人に対してはNice to see you.が正しいそうです。

ここ2~3日の近況報告をすることになり、電車やバスの中での「居眠り」が話題になったのですが、「終点だから寝過ごす心配はない」と伝えようとしたものの表現が分からず戸惑いました。
終点はterminus,end pointらしいです。

ちなみに先生は電車やバスでは一度も寝れたことが無いそうです。
トルコに行った時も48時間全く寝られなかったらしいです。
長時間の移動で乗り物で寝られないのって結構辛いですよねー。

さて、このあとは早速教材にとりかかりました。

Warm-upでは今回のレッスンで重要な表現などを学びます。
特に問題なく意味の確認が終わったので次に進みます。

Activity1の音読ができたら、Check your understandingの質問に答えて確認します。
「答えは正解だけど常にフルセンテンスで話すように心がけてね」と言われたので、話す前に意識していきたいと思います。

Activity2ではMatchingということでColumn AとColumn Bそれぞれに対応する言葉を読んでいきます。

Activity3はFree Conversationで5つある議題を先生と共に話します。
基本的には先生が質問して、生徒が質問に答えてから先生がそれについての反応をするという流れになると思います。

1は社会奉仕に参加したことがあるか?という質問だったのですが、先生が外国に行って参加する方法もあるよと教えてくれました。
例えばイタリアの場合、古代遺跡の掃除などをすることで食事や住居を無料で用意してもらえるシステムがあるそうです。
大抵は1日2~3時間ほどで終わるらしく、終わったあとは自由に行動できるらしいです。
期間は10日などもあるらしくお金がなくても十分観光できるので、”Community services”は最高よ!と話していました。
このシステム面白そうですねー。いつか参加できるチャンスは来るのだろうか・・・

2は他の人にボランティア活動を勧めたいかという内容です。
会話の中で先生がセルビアには美しい公園がたくさんあるけれど、その多くがゴミが散らかってしまっていると話していました。
This is very bad.と言っていたので深刻な事態であるようです。

5では企業が社会奉仕のために責任があるかという内容で、企業は地元と協力してビジネスをしなければならないと答えました。
また最近では、外国企業が参入してきているのでこの考え方は変わっていくと思うと伝えると、セルビアだけでなく全世界で外国企業の参入により地元企業が生き残れなくなるという状況が起こっているので大きな問題だと話していました。

ここで時間が来てしまったので終了です。
これからも英語を話し続けて勉強すれば上手くなるよ!と励ましてくれました。

がんばりまーす icon-thumbs-o-up

まとめ・レッスンノート

センテンス

You preserve your environment.

Organization that promotes community work.

People should keep their park clean.

Its up to the foreign companies to take more care about their environment. – The foreign companies should take~

up toには~するべきという意味もある

単語

participate 参加する

preserve 維持する

promote 促進する

keep the park clean

trash – litter – garbage

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)