フィアー・ザ・ウォーキング・デッド シーズン1第4話「消えぬもの」を観た

※ネタバレあります

あらすじ

場面はクリスが街の様子を録画している場面から始まる。

そこで、町の外で鏡のようなものを反射させて信号を送っているのを見つける。
クリスは自分が目撃したものをトラヴィスとマディソンに見せるが、トラヴィスは勘違いだろうと考えていた。

あれから州兵が住宅地の安全を確保したあと付近をフェンスで囲って隔離し、外の状況はわからなかった。

そうしていると、トラヴィスがモイヤーズという軍人に呼ばれ隣のタグを説得して治療を受けさせるように頼まれる。最終的に治療に協力してくれたが、「もし嘘だとバレたら・・・」と話していた。

オフェリアは軍人のアダムズと付き合って街の様子や薬品があるかを聞くが、まだないと言われる。

マディソンがクリスの話が気になって町の外に信号を送ってみると、返事が来た。
そこで、マディソンはフェンスを切断して外で何が起きているのかを知ろうとする。

外に出て目にとまるのはおびただしい数の行方不明の張り紙。
更に進んでいくとたくさんの死体があったが、その中には兵士に撃たれた健康な人もいた。

トラヴィスはダグが神経症で病院送りになった事を知る。

後半に差し掛かったところで、政府の人間だと言ってやってきたエクスナー医師の指示で軍がグリセルダとニックを強引に連れて行ってしまう。

トラヴィスも屋上に上がって町の外の信号に気付いたが、銃撃とともに信号が途絶えてしまう。

感想

本編のThe Walking Deadとは違い、どうやらまだ軍が力を持っているみたいですね。

前回は軍が来たことで救われた感があったのですが、今になってダニエルが言っていた「もう手遅れだ」という意味がわかった気がします。
事前にこうなることを予測していたんですかね?

マディソンは事態がおかしいことに気づき始めたようです。
医者や薬、電話などが全く届かず、軍は電話回線を切っておきたいのではないかと推測するマディソン。

軍を信頼していたトラビスも最後はマナワの目撃情報とマディソンの主張に耳を傾けましたね。
最後のシーンでまさか自分が軍に信号を送っている人の存在を伝えたばかりにフェンスの外の生存者が撃たれてしまうとは思っていなかったでしょう。

トラヴィスも最後の銃撃の音を聞いたことで考えが変わったかもしれません。

なかなか面白くなってまいりました。
軍の本当の目的は何なんでしょうね?

二人を政府の医療施設に運ぶと言っていましたが、実際どうなんでしょうかね。。。
そもそも軍人が話していた司令部があるのかもわからないし。。。
ただ本編と比較するとまだ政府機関が活躍しているので状況的にはマシなのかもしれませんが・・・

次回は何か大きな転機が訪れそうな予感。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)