DMM英会話を一旦解約した理由と今後の英語学習計画

久しぶりの更新です。

DMM英会話を初めると同時にブログに内容を書き始めていたのですが、20回ほどこなすと特に新しい単語以外に書くことも無くなってしまったので、更新を止めてしまいました。

また、レッスン後に記事を書くのに結構時間がかかってしまうことを考えると億劫になってしまったのも原因です。

さて、今月の半ばくらいまではレッスンをすすめて、途中休んだりしながらもLesson 40までは進めることができました。
我ながら意外と長く続けられたと感じています。

しかし、タイトルの通り今回DMM英会話を一旦解約することにしました。
※再び契約すればレッスンノートなどのデーターは受け継がれるそうです。

解約した理由

DMM英会話を受講していく途中で、色々と自分に足りないものに気づいての結果です。
DMM英会話自体に問題があるわけでは無いのであしからず。

基礎文法がなっていない

これ、英検とか資格のテストなら良いのですが、実際に喋るときに滅茶苦茶になります。
確かに慣れもあると思いますが、それよりも基本的な文法をしっかりと自分でアウトプットするときに使えるようになるのが必要だと感じました。

そこで先生からの評判が良かった、語学学校などでも採用されているという English Grammar in Use という文法書を購入することにしました。

計画としてはまず、その本を終わらせて基本的な文法を自分でもしっかり使えるようになった後に再びDMM英会話に取り組むという流れです。

平行して学習しても良さそうですが、そこまで時間が取れなさそうなのと、この状態でオンライン英会話に取り組んでも費用対効果が薄いため、結局どちらも微妙な結果になってしまいそうだと判断しました。

まとめ

文法が滅茶苦茶でもオンライン英会話に取り組んだことは非常にメリットがあったと思います。
実際に会話してみることで、自分の英語に何が足りないかが明確に分かるため、今後の英語学習の進め方を考える上で、テストの点数よりも非常に参考になりました。

購入した文法書は見た感じ内容が充実しており、演習問題もあるので、しばらくこれに取り組んで基礎的な文法事項を身に付けていきたいです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)